耐久性があるTシャツプリントは?

Tシャツプリントでお気に入りのTシャツを作ったら、できるだけ長持ちさせたいものです。


そこで気になってくるのが、Tシャツプリントの耐久性です。
プリントの方法には、以下のような種類があります。


一つ目は、「アイロン転写プリント」。
家電量販店などにあるプリント用紙に印刷し、アイロンでくっ付けるという方法です。
これは手軽な反面、すぐに剥がれたりヒビ割れが起きたりします。


二つ目は、「インクジェットプリント」。
生地に、インクで着色して行くという方法です。
発色はよいですが、しばらくすると色褪せが起きたりします。


三つ目は、「シルクスクリーンプリント」。
版を用いて、生地にインクを刷り込んで行くという方法です。
小学校の図工で行う版画に似ています。インクを刷り込ませるので
色の再現度が高く、色落ちもなかなか起きません。

むしろ、生地のほうが早く傷んでくる可能性のほうが高いくらいです。
よって、シルクスクリーンプリントがおすすめといえます。

Copyright© original T-shrts All Rights Reserved.